カテゴリー
日記

名古屋で極上のボディを持つ風俗嬢と楽しい贅沢マットプレイ

名古屋駅から少し離れた所にある、歓楽街として有名な栄がある。そこには、セクキャバからソープ(激安)まである風俗ストリートが存在する。その中でも、インターネット情報サイト爆サイ、ホスラブでも有名な嬢が居て私はそこの嬢をリピートする。お店の名前は、クラブパリだ。地元では、パリグループといって名古屋で風俗遊びをする人なら一度は耳にしたことがあるであろう有名店だ。その店で20すぎぐらいから働いているベテランの嬢がいるのだがその嬢の体が30代後半には見えないぐらいスマートでスタイルもボンキュッボンの女性が一人いる。それは、パリのはるなだ。顔立ちは、セクシー女優の片平あかねのような顔をしていてかなりエロい。

プレイは2万2千円のコースで2発楽しめ

るのは心強い。東京だと40分で3万円とかなのでコスパで考えても安いほうだ。マットプレイの良いところは、非現実世界に嬢と一緒に生まれたままの姿になりローションのヌルヌルの中快楽に浸れるところだ。通常の、ヘルスの抜きとは違いローションを使うことで息子は感じやすくなるし嬢と肌と肌が触れ合ったときの感触は忘れることができない。このはるなのいいところは、胸が入れ乳ではなく天然物でDカップのお椀型で手での揉みごこちがたまらなくいい。偽乳の場合、触った時の感触が固くゼリーっぽいのだが天然の場合弾力があり手で揉んだ時の感触がまったく違うのだ。毎回、おっぱいを触ってから息子をある程度元気にしてからプレイは始まる。

 まず、うつ伏せになって全身リップからではるなのDカップのおっぱいが背中に当たる。この時重要なのは、嬢の体重だおっぱいが大きいからいいと言う物ではない一度あったことなのだが嬢の体重が重すぎて翌日腰痛を発症したことがある。なので、嬢を選ぶ時におっぱいの多きさを意識するあまりデブが出てきて上に乗られて重いなと感じることがあると思うのでそこは注意して欲しいと思う。

うつ伏せになってる時に、次に楽しみにしているのは後ろから手を時折突っ込んで私の息子を攻めるプレイだ。そこで行ってしまう人も多いと思うが、玉や竿を交互に触ってくる攻め方が個人的にはいいと思う。一気にムラムラした気分になりボルテージが上がる。
 次に、あおむけのプレイだ。ローションでヌルヌルになった嬢と向き合いプレイが始まる。まず、嬢が全身リップを一通りしたあと乳首を攻めなられながらディープキスをするのがたまらなくいい。はるなは、唇がたらこ唇かのように分厚くキスをしていて包まれる感じがまたいい。リクエストをすればディープキスを長くしてくれたりするので実に融通が利く嬢だ。ディープキスのあとは、お互いの性器をなめ合うシックスナインだ。はるなは、毎回シックスナインすると聞いてくる。流れでそのまま行く嬢がほとんどだが中には性器をなめあうのを嫌がるお客様もいるからと気遣いができるところもいいところだ。はるなの尻は桃のように丸く、クリトリスは毛の処理がしっかりとされていて無駄がない。

なめる側としても、清潔感があってよい

また、おっぱいがDカップなので片手でクリトリスを攻めつつ、片方の手でおっぱいを攻めるという二刀流ができる。甲高い声で感じているときには鳴いてくれるのでせめていてとても楽しい。シックスナインが終わると、はるながまたがりすまたをしてくる。しっかりしまったお尻が、息子と触れ合い気持ちよくなりすぐにいきそうになる。ここで、やって欲しいなと思うことはおっぱいを揉みしだきながらフィニッシュすること。おっぱいの感覚を感じて脳を刺激し息子を立たせて逝った時に快楽を感じるようにするのだ。まだやったことのない人にはおすすめだ。1回行ったあとは、5分くらい時間をおいて2回目はディープキスをされながら乳首をいじってもらい息子を抜いてもらいトリプルで感じていくという贅沢な逝き方だ。

ベテランで、場数をこなしているからこそやってもらえるプレイだ。栄へ来た時にはぜひパリのはるなと一戦を交えて欲しいと思う。間違いなく、名古屋では一番の女性なので。

ここまで遊ぶと、次は大阪の飛田新地にお世話になりたい。飛田新地がどのような場所化は風俗求人のスペシャリスト、柳川さんのブログを参考にしよう。

参考サイト:飛田新地の求人

カテゴリー
日記

福岡の風俗、我が社で大評判の人妻デリヘルは本当に感動的だった!

福岡には我が社の支店があります。社内では一度は福岡に転勤になりたい、福岡支店を経験したいという男性社員が多いのです。その理由は比較的自由に使える交際費もありますが、部長クラスになると現地妻、セフレを確保しているという現実にもあります。
青春を謳歌している先輩社員を見ているとよだれが出ます。

私も福岡出張の際は、若い頃から「締めは風俗」という経験を何回もしています。風俗をご馳走になるのが恒例になっていました。
話は風俗からずれますが現地妻の引継ぎも、かつてはあったとと言います。
そういう土壌が福岡にはあるのかもしれません。

私が今回経験したデリヘルは、そういう現地妻だった女性が経営しているという人妻デリヘルです。男に尽くすことを徹底的に仕込まれた人妻達が在籍しているという噂のデリヘルです。

社内で話題になっていた、男に尽くすことを徹底的に仕込まれた人妻デリヘル嬢

デリヘル嬢を呼ぶことは、その日の朝から決めていました。噂のデリヘル嬢は23時ピッタリにホテルにやってきました。会社名を告げると、少しはにかんだような表情になりました。彼女の話によると、我が社の社員との経験はすでに二桁とか・・。
彼女は噂どうりの可憐さです。身長は155センチくらい、中肉中背のバランスの良いプロポーションです。顔はキツネ系、どちらかと言うと朝鮮系の顔立ちです。それがまた色っぽく思えます。年は40を少し超えた頃でしょうか、熟れた感じが程よい印象です。
私はシャワーを浴びていたので、彼女がシャワーを終えるのを全裸の大の字で待っていました。その段階で半勃起状態です。
シャワーを終えた彼女が、あらま準備万端ね。段取りが良いのね、お宅の会社は・・なんて言います。

大の字になった私の股間に彼女が座り、フェラが始まりました。フェラはふぐりから舌を這わせます。勃起した肉棒を右手で優しく触れて、彼女の左手は腰の下へ・・。なんと、アナルを探しているようです。
「ちょっと、腰を上げて・・」「こんな感じで良いの?」すると、彼女の中指がアナルへ近づきます。
お口と両手・・3か所をいきなり攻められました。

肉棒がカチンカチンになるのを確認すると、彼女の薄い唇から舌が生き物のように現れ、円を書くようにして、おしゃぶりが始まり、徐々に亀頭をくわえていきました。
その時に右手はふぐりを刺激しています。左手は、先に触れたアナルから離れようとしません。

唇は肉棒から、ふぐりへ・・そして蟻の戸渡へとじっくりとねちっこく攻めてきます。その間に彼女は、「大きいのね・・」「すごいわ・・」「あぁぁ・・欲しくなっちゃう」「我慢出来ない」とつぶやくように言います。
しらじらしい言葉だと始めは思っていたのですが、そういう事も含めてプレイなのだなと思うようにすると、こちらも興奮してきます。「欲しくなっちゃう・・」と言われれば、「そんなに欲しいなら、ぶち込んでやろうか」となり、そういう会話は意外と興奮するものだと知りました。

これが噂のアナル舐めか。アナルで昇天させられた人妻デリヘル嬢の最高のテク!

彼女がうつぶせになって腰を上げて、というので言われるままにそうしました。すると、アナルに彼女の舌が入ってきます。「ヒッ!」思わず声が出ちゃいます。「声だして良いのよ・・アナルは男の人でも声を出すから・・」「私の前で照れないで・・自然に・・自然に、獣になってくださいね」と言われたので、感じるままに声を出すことにしました。

声を出すと感じ方がちがいます。圧倒的に感じます。女性が自分の声でどんどん感じていくというのも分かる気がします。彼女の言うとおり、声を出すことは正解でした。

彼女はアナルに舌を這わせ、右手でペニスを掴んだ手が乳しぼりの様に動きます。左手は私の乳首だったり、ふぐりだったりを攻め続けます。一瞬も動きが止まることがありません。

いきそうになったら教えてねと言われたので、逝きそうです、と答えました。彼女には私が逝きそうだったのが分かったのでしょうね。すると、彼女は私を仰向けにしペニスにむしゃぶりつきます。激しいピストン運動です。
んぐんぐ!んぐんぐ!!
そして、私は彼女の口の中に果てました。精液が全部、出来るまで彼女は私の肉棒をくわえたままに離そうとしません。少し飲んでくれたようです。そして精液まみれの肉棒から口を離すと、凄い沢山だから・・と言いながらティッシュに精液を出しました。量が多く無ければ、全部飲み干したのに・・とでも言いそうな感じです。

私は感動して、二回戦の為にシャワーを浴びに行きました。

次は吉原のソープランドを攻める予定です。吉原は初めての場所ですが、どのようなサービスがあるのか、どのような女の子が働いているのかを知るには吉原ソープの求人を見ると分かりやすいです。

柳川さんは大変信頼できる方なので、サイトに書かれている情報は確かです。